ERICK SODERS

逆位のNPC一覧

アルファベット一覧

ミッション一覧

ターゲット一覧

ERICK SODERS

エリック・ソーダース

エリック・ソーダース ERICK SODERS

逆位

インテル

1981年に現場を退いたエリック・ソーダースは、現在でもなお同期の中ではICA最高のエージェントとして認められている。

優れた才能の持ち主であるが、生まれ持った心臓病によって早期引退を余儀なくされた。彼が関わった最後の任務の一つ、KGBのスパイであることが発覚したアメリカのチェス王者ジャスパー・ナイトの暗殺は伝説として語り継がれており、その独創性と高い計画性はICAのハンドラーたちによって今もなお研究されている。

ソーダースは新規ICAエージェントの雇用・訓練の主任指導官に任命され、後にICAの幹部となる。

ソーダースは内蔵の位置が左右逆になる、内蔵逆位を患っている。1995年に初めての心臓移植手術を受けたが、その手術の裏には非合法な臓器取引があったといわれている。しかし、ICAの重要人物であるため、調査は一切行われなかった。

情報によると、ソーダースの病状は一刻を争うほどに再び悪化しているが、同じ症状を持つドナーが現れるのは絶望的とみられている。また、ソーダースはギャンブルでほぼ破産状態であることから、ICAを裏切りプロヴィデンスのスパイになったと推測できる。プロヴィデンスの下なら、最高峰の治療を受けられるだけでなく、世界中からいとも簡単に闇取引で臓器を手に入れられる。

ソーダースはプロヴィデンスに加入してから数週間以上は経っていないはずだ。そうでなければ、イタリアとモロッコの工作員に危険が迫っていることを報告していただろう。トーマス・クロスが息子ジョーダンの葬儀中に拉致され、誰かがICAを利用して工作員を攻撃しているとプロヴィデンスが気づいたときに寝返ったと思われる。我々の組織に潜入する必要性が生じたときに備え、プロヴィデンスは全ICA幹部のファイルを持っているのだろう。コロラドの影のクライアントの基地でソーダースのファイルが見つかったのも道理が通る。

エリック・ソーダースは、間違いなく逆境に強い人物だ。かつては恐るべき暗殺者だったが、引退に追い込まれて自尊心を失い、闇の世界に落ちていった。残念ではあるが、この任務は必ず避けては通れない。彼の自身の裏切りに、けじめをつけなければならない。

武装/非武装

非武装

  • エリック・ソーダース ERICK SODERS
  • エリック・ソーダース ERICK SODERS
  • エリック・ソーダース ERICK SODERS
  • エリック・ソーダース ERICK SODERS
  • エリック・ソーダース ERICK SODERS
  • エリック・ソーダース ERICK SODERS
  • エリック・ソーダース ERICK SODERS

関連人物

登場ミッションの記事

北海道 逆位 チャレンジ攻略

北海道 逆位 チャレンジ攻略

ヒットマンのミッション「逆位」のチャレンジ攻略記事です。

関連検索

Erick Sodersを検索

Erickを検索

Sodersを検索